【2018.11】NS News Letter Vol.28

2018-11-07

▶ ニュースレター選択ページへ
▶ 前号
▶ TOPへもどる

  1. Topics:牛久本部移転のお知らせ
  2. Column1:【企業法務】会社運営の留意点 自己株式
  3. Column3:【離婚問題】離婚問題とうつ病
  4. Column4:【債務整理】法人・個人の民事再生
  5. Notice:セミナーのご紹介・お知らせ

PDF形式 NS News Letter vol.28

Topics 牛久本部移転のお知らせ

平素は、格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。弁護士法人 長瀬総合法律事務所 牛久本部より、皆様へ重要なお知らせをいたします。

このたび、当事務所は業務拡大に伴い、牛久本部を下記住所へ移転する運びとなりました。

新フロアはスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方にゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に、スタッフ一同気持ちを新たに、更なる充実したリーガルサービスをご提供できるよう一層精励し、皆様のご期待に沿う所存です。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

〒300-1234 茨城県牛久市中央5-20-11 牛久駅前ビル2階

 

Column1:【企業法務】会社運営の留意点 自己株式

同族会社や中小企業であっても、法人(株式会社)である以上、会社法等の規制を受けることになります。

一方、会社法等の規制は非常に複雑な構成となっています。そして、会社法等の規制の理解を誤れば、会社の適切な運営はおろか、場合によっては経営権すら脅かされる事態になりかねません。

本ニュースレターでは、自己株式について解説いたします。会社の機関設計にあたりお悩みの方にとってご参考になれば幸いです。

会社運営・株主対策上の留意点

 

Column2:【離婚問題】離婚問題とうつ病

離婚が含む様々な問題について1つ1つ解説を行ってまいります。今回のテーマは「離婚問題とうつ病」です。

離婚問題に直面すると、精神的に大きなストレスにかかり”うつ病”となってしまった場合、日女生活を支えていくために、どのような制度を利用することができるのかをご紹介いたします。

なお、こちらは当事務所の「離婚問題サイト」にも掲載を行っております。その他、離婚問題に関連した様々な話題をご紹介しておりますので、気になった方は、ぜひ当事務所「離婚問題サイト」をご覧ください。

離婚サイト 離婚問題コラム

 

Column3:【債務整理】法人・個人の民事再生

当事務所では、債務整理を傾注分野とし、所属する全弁護士が債務整理を得意としています。これまで多くのご相談を承ってきた経験とノウハウを踏まえて、ご依頼者様の債務状況に合わせて、最適な手段をご提案いたします。

今月号では、債務整理の方法のうち「民事再生」とはどのようなものかをご紹介いたします。

債務整理サイト

 

Notice:セミナーのご紹介・お知らせ

今月号のニュースレターでは、弁護士・大久保潤が講師を務める「保険代理店様向けシリーズ勉強会」についてピックアップし、ご紹介いたしました。

当事務所では、リーガルサービスを有効にご活用いただくべく、顧問先様をはじめとした各企業・事業主様に向けて、積極的にセミナーを開催しています。

セミナー・イベント情報

 

ニュースレターについてのお問い合わせはこちら

ニュースレターの配送をご希望の方は、当事務所お問い合わせフォームに以下の事項をご記入いただき、お申し込みください。

①【NS News Letter】の配送希望
② ご住所:
③ 会社名:
④ 部署名:
⑤ TEL:
⑥ FAX:
⑦ ご担当者氏名:

ニュースレター

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作