サービス案内 債権回収

未収金の回収・家賃の滞納トラブルは、私たちにお任せください

 

【以下の項目のいずれかに当てはまる方へ】

この項目のいずれかに当てはまる方は,債権が回収できる可能性があります。

□ 契約書等の書面がある
□ 契約の際に立ち会った人がいる
□ 保証人がいる
□ 公正証書がある
□ 抵当権等の担保がある
□ 手形の振り出しを受けている
□ 相手に支払い能力がある
□ 相手方の自宅は持ち家である
□ 相手方は不動産以外の資産(自動車など)がある
□ 相手方の就業先を把握している
□ 相手方の取引先を把握している
□ 相手方の取引銀行を把握している

 

【中小企業の方へ】

「債権はあるのに回収できない」

企業間取引ではもちろん、個人相手の請負契約などでも容易に起こり得ます。
相手は、「お金がないから払えない。」、「用意できたら必ず払うから待ってほしい。」と繰り返したり、場合によっては一切連絡を絶ってしまったりすることもあります。
しかし、ここで諦めてしまっては、本来得るべき正当な報酬が得られないばかりか、今後の事業運営にも支障を来しかねません。
本当に債権回収の可能性がないか、慎重に検討する必要があります。

 

私たちは、債権回収の案件には数多く携わってきました。
クライアント自身の交渉では一切支払おうとしなかった相手が、弁護士が交渉に携わったことで態度が急変し、支払に応じるというケースもあります。
債権回収にはいくつもの方法があります。
債権回収できる方法や可能性がないか,債権回収でお悩みの方は,当事務所までお気軽にご相談ください。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作