残せるものは意外と多い?

【何が残せるの?】

まず、生活に必要最小限のものは残せます。
例えば,古い車・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・エアコン・その他暖房機・テーブル・椅子・本棚・衣装ケース・衣類・文具・書籍・雑貨などです。
評価が20万円を超える高価な家具等については,原則として処分しなければなりません。
ただし,「評価」が20万円を超えるものが処分の対象になるのであって,「購入した時の金額」が20万円を超えるものが処分の対象になるわけではありません。
中古で売却したときに20万円の価値があるもの,ということですから,日常家具等でこれだけの価値があるものはかえって少ないと言えます。

【車は残せるの?】

評価が20万円を超える車は。原則として処分しなければなりません。
ですが,通勤や日常生活のために,どうしても自動車が必要な場合もあると思います。
そのようなときは,どのようにしてお手元に残すか,弁護士にご相談ください。

【ペットは?】

高価なペットであって評価が20万円を超える場合は原則として処分しなければなりません。
ですが,愛着のある大切なペットをお手元に残したいと希望されることもあるかと思います。
そのような場合,お手元に残す方法についてご相談ください。

⬅自己破産のページへ戻る

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作