任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

特定の債務のみの弁済が可能

任意整理とは異なり、自己破産や個人再生では、全債務が対象となります。一方、任意整理では、特定の債務だけを対象として交渉をすることが可能です。

したがって、個人の債権者や勤務先からの借入、自動車ローンなどの支払いは続けながら、消費者金融に対する債務だけを対象に任意整理を行うことも可能です。

手続が簡便・コストも低額

また、任意整理は、当事者間での交渉にすぎず、裁判所を利用しない手続のため、自己破産や個人再生のように、複雑な申立書や添付書類を用意する必要はありません。

また、裁判所を利用しないため、自己破産の際に予納する管財人費用や個人再生の際に予納する再生委員の費用を用意する必要はありません。

さらに、任意整理は自己破産や個人再生よりも簡易であるため、弁護士費用も一般に低額で済みます。

 

任意整理のデメリット

債務圧縮効果は小さい

もっとも、任意整理による場合、負債総額の圧縮はあまり望めません。一括払による場合であればともかく、分割払いによる任意整理では、利息制限法上の元金未満に返済総額を減額することは困難です。

相手方が債権回収会社である場合や、相手方との交渉次第では、多少の減額をできることもありますが、過剰な期待は避けるべきです。

したがって、任意整理を選択する場合、債務者に残元金を完済できる見通しが立つことが必要です。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作