自由財産とは

【自由財産とは】

破産手続において換価を要する財産は,破産者が破産手続開始の時に有している財産および破産者が破産手続開始決定前に生じた原因に基づいて行うことができる将来の請求権です。

これらの財産を「破産財団」といいます。

 

将来の収入など,破産手続開始決定後の原因に基づいて破産者が取得したいわゆる「新得財産」は,「破産財団」ではないので換価を要しません。

また、個人の場合には,99万円までの現金と差押禁止財産は破産財団に属しないとされているため,これも換価の必要はありません。

このように、破産財団に属せず破産者が保有することができる財産のことを「自由財産」といいます。

 

破産財団に属する財産については換価を要することが原則ですが,「自由財産拡張の裁判」という例外があります。

「自由財産拡張の裁判」とは,破産裁判所が諸事情を考慮して自由財産の範囲を拡張することができる制度です。

 

【自由財産の範囲】

自由財産の具体的な範囲は以下のとおりです。

 

1 新得財産

破産者が破産手続開始後にはじめて取得するに至った財産です。

 

2 99万円以下の財産

 

3 差押え禁止財産

最低限度の生活を維持するために必要な一定の財産を自由財産とするためです。

 

4 破産管財人が放棄した財産

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作