新人弁護士が事務所を選択するポイント

弁護士を志す司法修習生の皆様にとって,最初に就職する事務所の選択は,今後の弁護士人生に影響する大切なことです。

皆様が事務所を選択する上で参考となるものとして,以下の3つのポイントがあると思います。

皆様の事務所選びにとって,ご参考となれば幸いです。

1 成長・発展への志向

2 取扱分野の多様性と専門性

3 事務所理念と事務所メンバー

 

【1 成長・発展への志向】

私たちの弁護士業界,そして法曹界は,現在劇的な変革の真っ只中にあります。

弁護士の増員だけではなく,広告のあり方,またリーガルサービスの提供方法やクオリティも,IT技術の発展・高度化に伴い,日々変化を続けています。

私たちを取り巻く環境が劇的に変化を続ける中,現状を維持しようと思っても,私自身が変化・発展をし続けなければ,現状を維持することさえできないということができます。

変化・発展を続けることは,常に現状に甘んじることなく,課題に対し果敢に取り組み続けることが必要です。

一方で,私たちは,時に命よりも大切なクライアントの権利を守るために,クライアントの信頼に全力で応え,社会正義と基本的人権の擁護をするという使命には変わらずに応え続けていくことも必要です。

変わるものと変わらないもの,2つの意識を持ちながら,常に成長・発展していくことを志向する事務所が,今後も弁護士業界,そして法曹界にとって必要とされる事務所として10年後も残り続けると言えるのではないでしょうか。

 

【2 取扱分野の多様性と専門性】

弁護士のあり方は,あらゆる分野に対応できるゼネラリストと,特定の分野に特化したスペシャリストの2つが考えられます。

弁護士を志す司法修習生の皆様が,すでに特定の分野に対して高い関心・能力をもっており,はじめからスペシャリストを志向されているのであれば,この分野に特化したブティック系事務所を選ぶことも考えられます。

ですが,私自身の経験から申し上げると,弁護士の業務は,実際に担当・経験しなければ,何が皆様にとって適当な分野なのか,選択することは難しいと考えております。

私は,当初は日本有数の大手法律事務所で勤務し,独占禁止法等,特化した分野を担当させていただきましたが,事前の知識と,実際に案件を担当した時に得た経験との間には大きな差がありました。

また,特定の分野だけに特化しても,案件全体の適切な解決を実現するためには,その他の法分野も関わってくることは決して少なくありません。

例えば,交通事故分野をとってみても,損害賠償額の算定・請求は民事案件としての側面を有していますが,刑事責任の追及(被害者参加等)をする場合には,刑事案件としての側面も有しています。 

したがって,弁護士として大成するためには,最初から特定の分野だけに特化したスペシャリストだけを志向するのではなく,まずは幅広く様々な案件を経験し,ゼネラリストとしての研鑽を積みながら,ご自身の志向する法分野を模索し,スペシャリストへの道を志向していくことが大切だと考えております。

この観点からすれば,弁護士を志す司法修習生の皆様にとって,様々な分野の案件を取り扱うことができる事務所が望ましいと言えるのではないでしょうか。

 

【3 事務所理念と事務所メンバー】

私たちの仕事は,クライアントの皆様の権利を守ることです。

ですが,クライアントの皆様の権利を十分に守るためには,私たちの事務所がクライアントのご期待に沿うことができるだけのサービスを提供できる体制を整えていなければなりません。

そして,事務所の体制は,事務所の理念と,事務所の理念に共感する私たちメンバー1人1人がつくり上げるものです。

各事務所の理念,そして事務所のメンバーこそが,事務所のカラーとなります。

事務所の理念,そしてメンバーが皆様の理想に適うものかどうか,が事務所選択の重要なポイントになります。

たとえば,私たちは,「再生司法」の実現という理念を掲げ,この理念を実現するために,①クライアントに対する責任,②メンバーに対する責任,③社会に対する責任を果たしていくことを目標としています。

このような事務所理念,そして事務所のメンバーと尊重しあうことができるかどうかを,事務所選択の際にご参考にしていただきたいと考えております。

 

新人弁護士が事務所を選択するポイント

代表弁護士から新人弁護士の皆様へ

当事務所の特色

当事務所でできること

当事務所の教育体制

新人弁護士採用Q&A

募集要項&採用プロセス【新人弁護士向け】

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作