契約書作成のメリット

顧問契約契約書は,企業にとっての「楯」であると同時に「武器」にもなります。

 

契約書作成のメリットは多岐にわたります。

 

1 トラブルの防止

契約書の作成・リーガルチェックによって,当該取引から生じる権利関係を確認するとともに,将来起こりうるリスクを未然にチェックし,将来のトラブルを防止することが可能となります。

2 リスクコントロール

違約金条項の設定,損害賠償額の上限設定等のほか,契約を解消できる場合の規定など,様々な条項を組み合わせることで,当該契約から予想されるリスクをコントロールすることが可能となります。

3 証拠の用意

信頼関係が失われ,トラブルが裁判にまで発展した場合,契約内容が争点となります。このときに,裁判で有効な武器(証拠)となるものが契約書です。
契約書のリーガルチェックによって,貴社にとって有利な内容を事前に整備することで,裁判を有利に進めることが可能となります。

4 個別取引の実情に適った契約の実現

インターネットや市販の書籍で流通している雛形の契約書は,あくまでも一般例にすぎず,必ずしも各企業の個別の取引に適合しているわけではありません。
当該取引の実情に適った契約書にするようオーダーメイド化することで,当該取引の契約内容を実現することが可能となります。

契約書の作成・レビューに関する詳細はこちらをご覧ください

契約書の重要性        当事務所の特徴・強み

契約書の不備によるリスク   契約書作成のメリット

リーガルチェックの重要性   契約書の種類

弁護士費用

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作