大久保弁護士からのメッセージ

弁護士 大久保潤

Q1 長瀬総合法律事務所に入所した理由

修習生の時に,あるNPO法人の主催する気仙沼・大船渡での法律相談のボランティアに参加した際,当事務所をご紹介いただいたことが,最初のきっかけでした。

事務所訪問で,企業法務から一般民事や刑事を手がけているということを伺い,この事務所でならば様々な案件を手がけることができ,自分の弁護士としてのスキルアップが着実に図れると感じたこと,そして長瀬の人柄を信じて,入所を決めました。

また,私は東京出身なので,都心から1時間弱というアクセスの良さも決め手となりました。

Q2 入所後の印象

分からないことや疑問点については,長瀬や同僚の弁護士にすぐに相談できる体制が整っていること,また,参考資料としての最新の書籍がほぼ網羅されていることから,仕事を進める上であまり不安を覚えたことがありません。

また,定期的に開催される所内勉強会において,他の弁護士が手がけている分野・案件についても知識やノウハウを共有できるため,弁護士としてレベルアップを図ることができることも安心材料となっています。

また何より,事務所内の雰囲気がアットホームで明るい点が気に入っています。

さらに,当事務所は現在,牛久と日立に支店があることから,移動の時間もそれなりに多くなってきますが,ITツールを駆使することで移動時間も無駄にすることなく仕事をすることができる体制が整っていることも,他の事務所にはない素晴らしい点だと感じています。

Q3 現在の仕事内容

現在は交通事故と離婚事件の割合が多い傾向にありますが,労働問題,相続問題,刑事事件等も常時扱っています。

顧問となって頂いている会社も増加しており,債権回収等の企業法務も増加傾向にあります。

また,当事務所には私選の刑事事件の依頼も少なからずあり,これについては現在,私がメインで担当しています。

Q4 仕事のやりがい

弁護士であれば皆同じだと思いますが,やはり,法律問題で困っている方の助けとなれることが最大のやりがいです。

Q5 これからのキャリアビジョン

事務所にご依頼のある案件を反映して,現時点では交通事故と離婚がかなりの部分を占めています。

これらの案件については必然的に高度なスキルを要求されますが,今後は労働事件と相続事件についても力を入れていきたいと考えています。

Q6 応募される方へのメッセージ

弁護士の人数が激増したことに伴い,特に都心では,弁護士になっても仕事がなく困っているという声も聞きます。

しかし,当事務所ではそういった悩みとは全く無縁です。

交通事故等の一般民事から刑事事件,弁護団活動,企業法務に至るまで,様々な案件に接する機会が十分にありますので,自分の意思次第で,短期間に相当数の事件を手がけ,確実にレベルアップを図る環境が整備されているといえます。

一流の弁護士になりたいという意欲あふれる,ガッツのある方の応募をお待ちしています。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作