債務整理の種類

今返済をしている、過去に返済をしていた借金について、債務整理は4つの方法に分かれます。

過去に借金をし完済をしてしまった、もしくは長らく返済を続けている借り入れに対して乗じている金利の払いすぎた分を取り戻す「過払い請求」

返済を続けてもなかなか減らない借金の金利の引き下げやカット、元本の減額について交渉をし返済金額を減らす為の「任意整理」

借金は返済したいが購入した住宅は失いたくない方のために、借金を大幅に減額し金利なしで分割払いをしながら住宅ローンは継続して返済する「個人再生」

減るどころか増え続けてしまう借金の返済目途が立たないため、一旦借金を帳消しにし新たに生活のスタートを切る「自己破産」

このように、借金の残債や借り入れ契約者の収入と返済金額、借り入れ期間等によって債務整理の手段も様々です。

借金の返済ができなくなったから即自己破産を・・・と考えずに、今までの借り入れ金額とこれからの生活を考慮して最善の方法を見つけることが大切です。

⬅債務整理とは   ➡債権調査とは

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作