信用情報とは

借り入れの申し込み時やローンで買い物をする際に、契約書に記入した後「少々お待ちください」と待たされる事があります。
この待ち時間に、「信用情報機関へ審査の問い合わせ」をされていることがあります。
信用情報機関とは、文字通り信用情報を管理更新している所です。
そして、信用情報とは、借り入れを申込んだ人の支払い能力に関する情報の事を指します。
信用情報には、過去に借り入れをした「個人の氏名・生年月日・住所・電話番号」また「勤め先企業の住所・電話番号」が登録されています。
そして、契約毎の「契約日や借り入れ総額・割賦金額・返済完了日」がその都度記録されています。
この情報に登録される情報は、契約内容だけではありません。
契約書に記載した当時の年収や返済見通し、そして返済遅滞や不能(債務整理・自己破産・代位弁済など)についての情報も残ります。
ここで、信用情報に「返済の遅滞や不能にかかる情報」として記録されたものは「事故情報」呼ばれます。
信用情報の中に事故情報の記載があると、そののちの借り入れや割賦(ローン)返済で購入する際に審査で通らないということがありえるのです。

⬅債務整理のデメリット ➡ブラックリストとは

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作