ブラックリストとは

「債務整理をするとブラックリストに載ってしまう」
という話をよく耳にしますが、そもそも「ブラックリスト」という名簿のようなものが実在するわけではありません。
俗にいうブラックリストというものはありませんが、信用情報機関に登録されている「事故情報」についてを指してこう呼ばれています。
任意整理や自己破産をするということは、それまでに返済が滞ったり、契約書に記載された金額よりも少ない金額を交渉して返済することになります。
ですからこれらの「事故情報」が登録されるということを意味するのです。
一度事故情報が登録されると、数年から10年はその情報が残ると言われています。
事故情報の記録を元として、新たなクレジットカードの申し込みやローンの申し込み審査が通らないということは充分にあり得ます。
金融会社やクレジットカード会社によっても異なりますが、カード返済が何度も遅れてしまったり、月の返済を飛ばして支払ったりということも事故情報として登録されることがあります。
もしや自分がブラックリストに載っているのでは?と不安な人は、問い合わせをして登録情報を確認することもできます。

⬅信用情報とは ➡事故情報の効果

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作