【離婚問題】経営者特有の財産調査について

2014-04-01

【経営者特有の財産調査の問題】

離婚問題では配偶者との財産分与が問題となることが珍しくありません。

財産分与は,婚姻期間中に夫婦で築いた財産が分与の対象となります。

財産がそれほど多くなければ話し合いによる解決も困難ではありませんが,金額が大きくなれば,話し合いによる解決も容易ではなくなってきます。

また,配偶者が財産を教えてくれないために,正確な財産分与が困難というケースもあります。

特に,配偶者が経営者である場合,財産が高額になることも多い上,法人等を経営していると,配偶者の資産なのか,法人の資産なのかはっきりとしないこともあります。

このようなケースでは,正確な財産調査や財産の評価が大切です。

こうした経営者特有の財産調査の問題点等について,こちらのサイトに整理しました。

同種の問題でお悩みの方は,ぜひご参照ください。

また,この問題に限らず離婚問題でお悩みの方は,以下のお問い合わせフォームから当事務所宛にご連絡ください。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作