【小美玉市】高次脳機能障害に関する法律相談

2016-06-14

当事務所の取り組み

平素より弁護士法人長瀬総合法律事務所へご愛顧いただきまして、厚く御礼申し上げます。

私たちは、個人法務から法人法務まで、幅広い対応をしておりますが、

中でも交通事故に関するご相談は数多く担当しております。

交通事故被害

公共機関含め、車を使用することは、日常生活を過ごす上で欠かせないツールであると言えます。しかしその分、交通事故の加害者、あるいは被害者になる可能性が誰にでもあります。

交通事故被害に遭った場合,深刻な後遺障害を負ってしまうことも少なくありません。

高次脳機能障害とは

交通事故による後遺障害の中で,特に問題となるものの1つとして,「高次脳機能障害」が挙げられます。

交通事故被害の結果,以下のような診断を受けた場合,いわゆる「高次脳機能障害」が問題となることがあります。

 

① 遷延性意識障害

② 脊髄損傷

③ 脳挫傷

④ 急性硬膜下血腫

⑤ 外傷性くも膜下出血

⑥ びまん性軸索損傷

⑦ 高次脳機能障害

「高次脳機能障害」の結果,「失行」,「失認」,「失語」等の症状が見られるほか,人格変化も生じることがあります。

具体的には,以下のような症状が見られます。

 

① 知的障害(認知障害)

全般的な認知機能の障害

 

② 性格・人格変化(情動障害)

事故前の被害者を知る家族や友人など周囲の人が,「事故前と比べて人が変わった」等と感じるような,人格あるいは性格の変化が発生するため,人間関係を維持したり社会に参加したりすることができず,他者とのコミュニケーションが困難となる障害

このように,「高次脳機能障害」は,被害者ご本人に対し,肉体的な傷害だけではなく,人格変化まで与えてしまうことに大きな特徴があります。

 ご相談をお待ちしております

事故以前の平穏な日常を取り戻すためにも,適正な後遺障害等級の認定,そして適正な損害賠償額の獲得が必要です。

当事務所では,被害者ご本人が適切な賠償額を取得し,平穏な日常に少しでも向かうことができますよう,全力でお手伝いさせていただいております。

私たち長瀬総合法律事務所では、小美玉市にお住まいの皆様が法律相談,法律事務所をご利用しやすいよう,「牛久事務所」と「日立支所」を各々開設しております。「高次脳機能障害」にお悩みの方は,是非一度お気軽に弊所までご連絡ください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作