【守谷市】高次脳機能障害に関する法律相談

2016-05-23

当事務所の取り組み

当事務所では,個人法務から企業法務まで幅広く対応しておりますが,特に交通事故について、多数のご相談の受付をしております。 また、より豊富な専門性をもってご対応ができますよう、事務所内に留まらず研修等積極的に取り組んでおります。

高次脳機能障害とは

交通事故の結果,重大な後遺障害を負ってしまうことも少なくありません。 交通事故の数ある後遺障害の中でも,「高次脳機能障害」が問題の1つに挙げられます。

脳外傷による「高次脳機能障害」とは,事故により脳外傷(脳損傷)が発生した被害者について,その回復過程において生じる認知障害や人格変性等の症状が,外傷の治療後も残ってしまい,就労や生活が制限されて,時には社会復帰が困難となる障害を総称するものです。

高次脳機能障害の症状

「高次脳機能障害」の結果,「失行」,「失認」,「失語」等の症状が見られるほか,人格変化も生じることがあります。 具体的には,以下のような症状が見られます。

① 知的障害(認知障害) 【具体例】 ・ 物忘れ,今見聞きしたことを記憶できない(記憶・記銘力障害) ・ 注意・集中ができない(注意集中障害) ・ 判断力の低下,計画的な行動や複数の行動ができない(遂行機能障害) ・ 自分の障害の程度を過小評価する(病識欠落・自己洞察力の低下) ・ 性格・人格変化(情動障害)

② 性格・人格変化(情動障害) 【具体例】 ・ 過食・過剰な動作・大声を出す等,自己抑制がきかなくなる(脱抑制) ・ ちょっとしたことで感情が変わる(感情易変) ・ 不機嫌・攻撃的な言動態度が増え,暴言・暴力をふるう(攻撃性) ・ 自発性の低下,幼稚,差恥心の低下 ・ 病的な嫉妬 ・ 被害妄想 ・ 人付き合いが悪くなる ・ わがままになる ・ 反社会的な行動をする

もっとも,「高次脳機能障害」は,医学的にも見落とされやすい後遺障害であり,医師により障害の残存を指摘されず,また被害者ご本人が後遺障害であることを意識しないままとなっていることも少なくありません。 このように,高次脳機能障害は,その症状が後遺障害に該当すること自体,医学的にも法律的にも認定が難しいといえます。

したがって,高次脳機能障害の適切な後遺障害等級認定を得るためには,事故直後から適切な対応を行っていく必要があります。

当事務所の体制

私たちは,「高次脳機能障害」に罹患した方はもちろん,一人でも多くの交通事故被害者の方を救済できるよう,交通事故直後から対応する「トータルサポート」を実施しております。

当事務所は,守谷市にお住まいの皆様が法律相談,法律事務所をご利用しやすいよう,「牛久事務所」と「日立支所」を開設しております。 守谷市にお住まいの方で,「高次脳機能障害」にお悩みの方は,是非一度お気軽に当事務所にご連絡ください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作