【交通事故】「上肢−醜状障害」を追加いたしました

2014-04-08

【交通事故サイトへはこちらから】

交通事故被害にあった場合,深刻な後遺障害が残るケースも少なくありません。

外貌に傷跡等が残ってしまった場合には,「醜状障害」として後遺障害等級が認定されるケースもあります。

「醜状障害」の代表的な部分は顔ですが,顔だけでなく,腕や脚に傷跡が残ってしまうような場合も後遺障害等級が認定されます。

詳しくは【交通事故サイト−部位別後遺障害−上肢】をご覧ください。

また,ご自分のケースではどのようになるのか,より詳しくご存知になりたい方は,当事務所の無料相談をご利用ください。

交通事故のご相談は無料です。

また,着手金も無料で承っております。

安心してご相談ください。

*的確なアドバイスのため、お電話のみでのご相談は受け付けておりませんので予めご了承くださいませ。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2017 長瀬総合法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作